スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

TRiNiDAD Leon

「濱大将」こと一宮弘人選手考案のバレルです



スペックは
■全長::42.0mm
■最大径:7.4mm
■単体重量:18.0g
■材質:90%タングステン

⇒詳細(ダーツハイブ商品ページ)


利き目と利き手が反対である代表的な選手で、その投げ方はかなり特長的・個性的です

狙い方は違うのでしょうが、利き目にセットアップする姿はフィルテイラーと同様

肘から手首にかけてのラインに大きな角度がついています

何年も前ですが、更新されていたブログで利き目と利き手が逆である苦悩をよく綴られておりました

研究・練習の末にたどり着いたフォームなのかと思います



狙うポイントやラインなど要所を押さえ、邪魔をしている部分をそぎ落とした、私にはそんなフォームに見えます

フォロースルーは決して美しいものではありません

しかし、利き目と利き手が逆である人が見ると気持ち良いんですよね

楽そうだな、と思ってしまします

この気持ちよさは利き目と利き手が同じ人には分からないはずです、もしかしたら一宮選手のフォームを苦しそうと思う人もいるのではないでしょうか

目とターゲットのライン上にダーツを置きひじを動かさずに…というお手本フォームとは一線を画すスタイル

これは"リアル"であり"最先端"なはず

何度も繰り返してしまいますが、利き目と利き手が逆の人はこの一宮選手のフォームを頭に入れ選択肢の一つに入れなければいけません

そんな濱大将のフォームを支えるバレルがLeonです

過去にPRO BARREL、GURANDARTSからモデルをリリースされていますので、3作目ですね

両メーカーともデザインが個性的で見た目の印象こそ異なりますが、今回のモデルを含め押さえているポイントは共通のものがあるように思います

▼GURANDARTS 濱大将モデル



▼PRO BARREL 濱大将モデル


これまでのモデルにはあまり興味がなかったのですが、やはりTRiNiDADは好みです

かなり強いグリップですが、以前のモデルのようなシャークカットではなくリングカットで構成され手離れは決して悪くありません

私事ですが、試投で狙った所より上に刺さるダーツは久しぶりです

使用していくうちに角がとれ、さらに良い感じにまとまってくることが予想されます

無骨でかなり好きなカットです

一つのバレルを長く使いたい人には嬉しいですよね

単体18gは最近では珍しい重さではありませんが、前重心が故にやたら重く感じます

手でバランスを取っただけですが、コンドルをセットしてちょうど一つ目のカットの位置に重心が来ます

2BAの前重心の投げ易さを改めて実感しました

"4BAとほぼ同じバランス"

この謳い文句、どうなんでしょうか

勿体無いと思ってしまいます

さも4BAが優れているかのように誇らしげに掲げていますが、選択肢のひとつであることを忘れてはいけません

2BAを選ぶ人は4BAのバランスに魅力を感じてはいないはずです

4BAとほぼ同じバランスという言葉では、扱いづらいというマイナスのイメージを与えてしまいます

それが投げ感までは4BAとほぼ同じバランスであればそう宣伝するしかありませんが、2BAの前重心は4BAの前重心とは違います

4BAが苦手な人はリリースが遅く垂れてしまうのが原因だとは思うのですが、このLeonは垂れるどころか飛びすぎるはず

重心位置の距離感が違うため、4BAとは重さを感じる手の位置が明らかに異なり、この感覚はフォーム、リリースに直結します

"4BAとほぼ同じバランス"

ただの説明です、且つ誤解を招くという

死ぬ気でこのバレルを売ろうと考えていたら、もっと別の謳い文句になったはず

面白いバレルだと思います、どんなバレルが合うか分からなくなった人に新しい発見を与える可能性は高いですよ

Leonの特徴は前重心だけではありません

グリップする部分が一段低くなっています

久しぶりにこのような機能美に出会った気がします、大好きです

持った瞬間嬉しくなってしまいます

TRiNiDADのGOMEZ TYPE1の段差のようなうっすらとし段差ではなく、はっきりとそのグリップ位置を教えてくれます

これくらい強調されていると緊張する場面でも安心ですね

田中美穂選手のArguelloも気になるところですが、しばらくはこのLeonとSAMURAI8っぽくて育て甲斐のありそうな森田真結子選手のモデルKITTENを投げ込みたいと思っています

それでは
関連記事


[ 2015/09/08 18:54 ] TRiNiDAD | TB(0) | CM(6)
Leonですか。試投でしか投げてないのですが、面白いバレルだと思います。

Gomez6→Lopez3→Leonと連続でリリースしてるTRiNiDADは本当にすごいと思います。

[ 2015/09/08 21:27 ] [ 編集 ]
ざぶろうさんこんにちは!
インプレ待ってました!Leon購入なさったんですね!いいなあ(笑)
自分も触ってはみたんですがカットは強いので見送りましたがそれ以上にアウトラインがとても良いですね、指へのフィット感が素敵です。後部の窪みといい意外に握った感覚がgorst2に近いものを感じました。ただその後部の窪みにシャークカットが配置されるのは珍しいですね、個人的にはこのシャークが丸まって来てくれるとより安定感増しそうです。
4BAに近いバランスと謳っているのは一宮選手がハードにより重点を置いてるからかなと思いましたが、No.5を出さない(出せない?)事も関係しているのかと予想してます
トリニはハードも上手い選手が多いからスティール出せばいいのになぁ…
[ 2015/09/09 23:17 ] [ 編集 ]
玲緋(れいひ) さん
タレントが凄いですので、早いペースでリリースしても毎モデル楽しみなのが驚異的です。
そろそろサモラ2なんていうビックニュースも欲しいです。
[ 2015/09/12 15:53 ] [ 編集 ]
Juuun さん
コメントありがとうございます!
たしかに、ハードのモデルがあってもおかしくありませんよね。
本当はトリニダードのバレルが投げ易いのにハードがないからという理由で、ソフトもハードも他のメーカーにしている人も多そうです。
私の頻度ではコンバージョンで十分なのですが。。。
Leon、かなり投げ易いです。お気に入りです。
[ 2015/09/12 15:57 ] [ 編集 ]
返信ありがとうございます♪
トリニは選手モデルのリリースペースや売れ専も充実してるのが素晴らしいですね
当時は20gモデル等少しゲテモノ感あったりした(ソフト一本だった頃の自分の感想)のですが、今や流行の先取り感有りますし、何よりもグラムが変わろうと数値が変わってない一貫性が好きです。
利き目が利き手と逆の場合辛そうに思えますが最近羨ましいとすら考えております。ダーツがセットアップ時に目にかからないので投げる瞬間に弾いたり、極端なタメがなくなりリズムで投げられそうだなと…
まあ一長一短だし自分はそうでないから苦しみがわからないと言うのもありますがね、うーむ
[ 2015/09/15 03:02 ] [ 編集 ]
Juuun さん
最近は、利き目と利き手が逆で良かったなと思うようにしています(笑)
私はもともと左利きだったのですが「おさがり」の野球のグローブが右利き用だったため右利きになりました。
野球は右投げですが、バスケットボールは左手でしか投げられません。

話がそれましたが、Arguelloすごく投げ易いです
最近のトリニダードは投げづらいものがありません。。。
[ 2015/10/03 12:54 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ざぶろう
【ニックネーム】
ざぶろう

【レーティング】
ジュース賭けると+3
女子との対戦時は-3

【使用ダーツ】
バレル:Zamora
シャフト:LARO 260
フライト:シェイプ
チップ:LIP

ざぶろう
ブログランキング
1日1回クリックお願いします!
励みになります!

にほんブログ村 その他スポーツブログ ダーツへ
記事内検索
ダーツショップリンク


Benri-navimyhurt  Template by FC2ブログのテンプレート工房   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。