スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

GLADIATOR2 DYNASTY 【インプレ】

大崎 裕一選手の最新モデル、GLADIATOR2です

GLADIATOR2

スペックは
■全長:37mm
■最大径:7.4mm
■重量:17g
■材質:95%タングステン

⇒詳細(ダーツハイブ商品ページ)


ブラックコーティングモデルもあります

全てのショップで確認した訳ではありませんが、ブラックの方が在庫が残っているようですね、珍しいです

GLADIATOR2

⇒詳細(ダーツハイブ商品ページ)


GLADIATOR
GLADIATOR DASH
GLADIATOR2

という名称が物語っているように、これまでのGLADIATORとは大きく異なる形状となりました

前作のスペックは39mm、7.8mmですが、グリップ箇所がかなりシェイプされていますので、写真で確認する必要があります

GLADIATOR
GLADIATOR

GLADIATOR DASH
GLADIATOR

最大径の数値こそ7.8mmから7.4mmと0.4mm細くなっていますが、実際の投げ感は「太く」なっています

大崎選手がGLADIATORを使用する前に愛用していたDuran Type2はGLADIATOR2と同じ全長の37mmですが形状を見る限りDuran Type2の感覚に戻したというのもしっくりきません

Duran Type2
Duran Type2

以前コメントで教えて頂きました、大崎選手が調子を落とされた際にカットの弱いバレルを使用したらかなり手ごたえが良かったようで、それが反映されたバレルというわけですね

なるほどです

したがって、GLADIATORが「投げ易い」「合う」からといってGLADIATOR2も合うかと言ったらそうではないようです

・超前重心
・強力カット
・大きくシェイプされたフォルム

クセが強いとGLADIATORが形容される要素であるこれらの項目が新作では全て変更されているのですから当然です

GLADIATOR2発売後も初期のGLADIATOR、GLADIATOR DASHは売れ続けるでしょうね

私も大好きなバレルです

前作からの比較はこれくらいにしておりて、肝心のGLADIATOR2の印象へ進みます

ほぼ新品での試投ですが、カットはこれまでの縦にガッツリかかる刻みではなく、ザラついたような印象

極端に言えば、ヤスリを持っているような感覚

最近のバレルに多く見られ、決して珍しい手触りではありません

見た目からもう少しかからないと思ったのですが、想像以上にかかりました

テーパーが緩やかですので、その強めのカットがリリースの際にひっかかってしまうことはありません

そして、はっきりとした太さを感じます

これまでの手法でカットを強くすればグリップ時の太さ感は自然と薄れるのですが、カット配列が工夫されているのですね

37mmという短さと太さ感のバランスが絶妙で凄く安心感があります

この絶妙なバランスにより、しっかりとグリップすることが出来ますので、これまで38mm以下を使用したことのない方でも問題なく扱えるのではと思います

飛びの印象は「普通」

砲弾バレルのような飛びでもなく、モッサリした感じもありません

このような形状でブッ飛ばれても扱いづらいですから、ちょうど良いですね

最近は「飛ぶ」ということにあまり注力しているメーカーが少なくなったように思います

数年前はやたら「前重心」「飛ぶ」という要素に拘っていましたよね

バレルよりも宣伝文句が飛び交っていました

プレイヤー全体のスキルが上がっていることが影響しているのでしょうか

「飛ぶ」「楽に投げられる」ということよりも「入る、入らない」ということを重要視している人が以前より増えたように思います

バレルに話は戻りますが、GLADIATORの時には決して言うことが出来なかった「誰にでも投げられる」という言葉がGLADIATOR2には使うことが出来そうです

良いバレルだと思います

カットや投げ感だけを見れば、このバレルじゃないとダメという特筆したものは感じませんが、タングステン95%は何よりのアドバンテージでしょう

カットの消耗や質感が他メーカーと明らかに異なります

GLADIATORの場合はカットそのものが耐久性に優れておりますので、同じくらいカットが長持ちするかといったらそうではないかと思いますが、他のメーカーの似たようなカットよりは絶対に削れづらいと思います

DYNASTYは、この価格でタングステン95%+Lシャフト(LARO)+リップですからね、恐れ入ります

実際に初めての方にDYNASTYをお勧めすることが多くなりました

なにかと安心ですからね

それでは

[ 2014/09/27 11:55 ] DYNASTY | TB(0) | CM(8)
ざぶろうさんこんにちは!!
グラディエーター2耐久性良いですね!!
試投第1号から3週間後、もう一度投げてみたのですがかかりが大して劣化していなかったです
3週間後というのもありますが色々な人が投げて手入れもせず放置ですから劣化ははやいでしょうし…
タングステン95%で生産するメーカーが増えている中、比率を上げればいいなんて個人的には思っていないのですが、その理由に固さ故にカット形状が削れると言うより欠けるほうが感覚的に強いかなと…
勿論90%であっても混ぜる金属によっては脆くもなりますけどね…
カット相性なのか素材がいいのかわかりませんがコスパ良さそうです
[ 2014/09/28 14:08 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
こんにちは。
3週間後でツルツルになるバレルはいくらでもあります。
ダイナスティは明らかに削れづらいですよ。
仰る通り粗悪な90%、粗悪な95%もあります。意外と残りの10%
、5%が大事だったり。

磁石に付くバレルとつかないバレルがありますしね。。。
[ 2014/09/28 15:20 ] [ 編集 ]
このバレル、バレルデザイナー等にも評価高いみたいですね。37mmと使い手を選ぶと思いますが。カットの弱いダーツを大崎選手にすすめたのはDYNASTYの社長なのでいい関係を築けていると思います。

DYNASTYは購入したのは1回だけですが、他のバレルメーカーよりリリースのペースが早いので自然と目が行きますね。
[ 2014/09/28 17:02 ] [ 編集 ]
返事毎度ありがとうございます!!

磁石に引っ付かないのだとDMC(ASTRAやcdj等)や888(現在はわかりませんが)が思い浮かびました
銅が混ぜられてて欠けるより削れるのでカット持ちは悪くないですが2~3ヵ月経つとくすみが早くなるのでカットによっては2回に一度はコンパウンドでの磨いてましたよ(笑)

joker(ハイブリッドを除く)やsamuraiはもっていた期間が短すぎて不明ですが
昔は磁石に引っ付かないのがいいってダーツバーなどでも良く聞かされてました

そして意外なのはS4のplayは磁石が引っ付かないのです。勿論カットの欠けが酷かったので何が含まれているのかおおよその検討位はつきますが…

後前に書かれていたASUKAは確かにツルツルになりやすいのは同感です(笑)
個人的にはアルティマが質感はすきなんだけどなぁー…
[ 2014/09/29 20:56 ] [ 編集 ]
pintor さん
DYNASTYの社長だったんですね、驚きました。
ダーツ業界だからこそありえる話でもありますが、素晴らしいですね。
DYNASTYのバレルの質は私は凄い好きですね、95%でなくても好きですね。
[ 2014/10/05 14:31 ] [ 編集 ]
Juuun さん
DMCは酸化の耐久性を犠牲にして削れづらいような配分のようですね。
同じタングステンでもメーカーによって様々で本当に面白いです。

アルティマ良いですね、トリニダードのようなサラサラした質で好みです。

RYUダーツのようなテカテカ系が苦手です。

私は、磨き方が下手だからだと思いますが、コンパウンドで磨くと同じようなテカテカになりグリップしづらいのでやらないです。
[ 2014/10/05 14:36 ] [ 編集 ]
ショートバレル
ダイナスティのショートバレル(CANNON、TITAN)のインプレ見たいです。
[ 2014/10/22 15:48 ] [ 編集 ]
Re: ショートバレル
ショートバレル良いですね。
35mm以下のバレルはなんかわくわくします…どちらも投げたことがあるのでまた機会あれば。
ありがとうございます。
またコメントしてやってください。
[ 2014/11/03 13:30 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ざぶろう
【ニックネーム】
ざぶろう

【レーティング】
ジュース賭けると+3
女子との対戦時は-3

【使用ダーツ】
バレル:Zamora
シャフト:LARO 260
フライト:シェイプ
チップ:LIP

ざぶろう
ブログランキング
1日1回クリックお願いします!
励みになります!

にほんブログ村 その他スポーツブログ ダーツへ
記事内検索
ダーツショップリンク


Benri-navimyhurt  Template by FC2ブログのテンプレート工房   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。